スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JODConverterを使ってみた時のこと

JODConveterを使ってみました。(コマンドラインで)

JODConverterとは、OpenOffice(LibreOffice)を使って、ファイルを変換するもの。
エクセルをPDFに変換したりできる。

windowsでもlinuxでもどちらでも使えます。

ということで簡単な使い方の例。
OpenOfficeを以下のコマンドで立ち上げておく。(8100ポートで待ち受ける)
$ soffice -headless -accept="socket,port=8100;urp;"


JODConverterを使ってエクセルをpdfに変換
$ java -jar jodconverter-2.2.2/lib/jodconverter-cli-2.2.2.jar input.xls output.pdf

以上です


要するに、sofficeをローカルのサーバとして立ち上げておいて、jodconverterで ファイルを渡すってこと。
ちなみに、出力は出力ファイルの拡張子で良い感じに変換してくれます。

ところで、linux で使うときですが、サーバとして起動する OpenOffice の起動ユーザーには注意です。
サーバ側で、JODConverter に渡した inputファイルのパスを開いて、outputファイルに保存するということをやっているみたいなので、それぞれ読み込み権限だったり、書き込み権限がないといけません。

スポンサーサイト

comment

Secret


ブログ内検索
プロフィール

ひでしず

Author:ひでしず
何でも書こうと思います。
メモ代わりにも使うかも。

コメント、トラックバックは自由にしてください。
(いたずらは禁止!・・・・自由じゃないか(汗))

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。